2chコピペ保管庫

2chでよく見るコピペ、心に残ったコピペ等をまとめてます。
サイドバーから記事内のワード検索可能です。

<< 必勝祈願の御守り | main | 女性雑誌でよくある言葉 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

ナポリタン関連コピペ

ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはとあるレストラン・・・
人気メニューは・・・ナポリタン・・・







ある八百屋さんでの出来事だったと思う。
俺もよく覚えていないんだけどしっかりと聞いてくれよ。
その八百屋では不思議なことに午後5時になると沢山の人でごった返すんだ。
俺もいつもどおり5時に八百屋で野菜を買ったんだが、その日はヒョンな事に気が付いたんだ。
少し小さめの少年が人ごみを縫って歩いてる。
俺はもしや?と思い彼の腕をつかんだ、すると・・・
彼の腕がボロっと落ちたのだった
そうか、だから彼は人ごみを縫うように歩いていたのか
次の日から妙なめまいと熱にうなされ始めたのだった







ある昼下がり。
小鳥のさえずる森の中を、一人の少女が走っていた。
「おかあさん!どこにいるの?」 叫ぶ少女。だが答えは無い。
そのうち少女は、とある家の前に辿り着いた。
「ここね!ここにいるのね!」 そう言って少女は扉を開けた。
だがそこにあったのは、たった一つの日記帳。何も無い家の中心にポツリと置かれている。
少女はそっと手に取り、読み始めた。

5月16日 明日は楽しい楽しいクリスマス。 プレゼントがいっぱい。とっても楽しみ。

5月17日 サンタさんがこない。 サンタさんがこない。 サンタさんがこない。

5月18日 昨日はとっても楽しかった。サンタさんにいっぱいプレゼントもらっちゃった。
でもおかしいなぁ。そのプレゼントどこに置いたんだろう?

9月33日 時計の針がね、ゆっくりゆっくり私に近づいてくるの。

12月65日 今日ね、お外に出てみたの。 そしたら人がいっぱいいたんだよ。
いっぱいいっぱいいたんだよ。でもみんな変な色だった。なんでかな?

少女は突然、日記帳を閉じた。少女は気付いてしまったのだ。
そう。少女は、気付いてしまったのだ…。







「どうしたんだ?」
「・・・」
「?」

反応のない彼女が俺の背後をじっと見ている。
その視線の先をたどっていくと、半開きになった押入れ。
押入れの奥には、何か力なくうなだれた物体が目に映る。
そして俺の視線の先にあったのは、

首のないツレだった

俺が慌てて振り返ろうとすると頭部に強い衝撃を受けた。
薄れ行く意識の中で俺は全てを理解した。

(ああ、あんただったのか)







終電が過ぎてしまって困っていた。
「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。
ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。
その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。
「お前さん、この前の・・・」
俺は考えた。見覚えがない人間にそんなこと言われても。
10秒間の沈黙があった。何故か俺はただならぬ危機感を感じていた。
「お前さん、この前の」
男が再びその言葉を口にしたとき、俺は気づいてしまった。
俺はその場を駆け出した。必死に走った。
もう大丈夫だろうと思って後ろを振り向くと男の姿はなかった。

俺は呟いた。
「あぁ、どうしよう」

数日後、俺がその男に殺されたのは言うまでもない。
comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | -
comment
本当なら今日はけんとHするはずだったのに、けんのバカ!
疼きを、どうにかしてよ。
けんのちんで、
いっぱい
山吉ひより | 2012/01/19 3:02 PM









trackback
trackback URL




qrcode